ラテンロック


※名前のリンクはアーティストの公式ホームページです。
また、曲は全てYouTubeにリンクしています。



Carlos Santana(1947~)
 1947年7月20日、メキシコのハリスコ州アウトラン・デ・ナヴァロで生まれる。父親はマリアッチのヴァイオリン奏者。1962年に米国のサンフランシスコに移住。1966年に「サンタナ・ブルース・バンド」を結成。1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加し、この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムソン」がマイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇跡』に収録された。1969年、コロンビア・レコードと契約し、これを機にバンド名を「サンタナ」に改名。同年8月、ウッドストック・フェスティバルに出演、同月デビュー・アルバム『サンタナ』を発表。
 1984年にボブ・ディランのライヴにゲスト出演(ディランのライヴ・アルバム『リアル・ライヴ』に収録)。1987年にソロ・アルバム『サルドバルにブルースを』を発表し、ウラミー賞を受賞。1994年、実弟ホルヘ・サンタナ、甥のカルロス・ヘルナンデスとともにサンタナ・ブラザース名義のアルバムを発表。1998年、「サンタナ」がロックの殿堂入り。1999年にアルバム『スーパーナチュラル』を制作して、グラミー賞を受賞。

Love,Devotion and Surrender
Illuminatios
Oneness
Havana Moon



El Chicano(1967年結成)
1967年にメキシコ系のFreddie Sanchez等によって結成された。ジャズ・ソウル・ロック調の初シングルの「Viva Tirado」ヒット。「Tel Her She’s Lovely」もヒット。2009年には『Trini Lopez Presents the Leyends of Latin Rock』を制作。

Viva Tirado
Brown Eyed Girl
Tell Her She’s Lovely



Azteca(1972年結成)
 1972年にメキシコ系のCoke Escovedoとその兄でパーカション奏者のPete Escovedoによって結成された。Cokeはロサンゼルスで生まれ、サンフランシスコ湾地域の東岸地区に育つ。ピアニストであるCarlos FedericoをリーダーとするローカルなLatin Jazz Comboに参加。このLatin Jazz ComboがEscovedo Brothers Bandに発展。1971年に「サンタナ」のメンバーとなり、「サンタナ」のアルバム『Santana III』の中の「No One To Depend On」を共作。1972年にAztecaを結成。1974年に解散。

Azteca
La Piedra del Sol



Monte Negro(2006年頃結成)
 2006年頃、ギタリストのJason、ベーシストのRodas、ボーカルのKinskiの3人により結成される。Jasonは日系・中国系でハワイ生まれ、RodasとKinsikiはメキシコのグアダラハラ生まれ。3人はともにロサンゼルスで育った。デビュー・シングルは「Cicatriz」、最新作のアルバムは『Cosmic Twins』で、A盤は「Elévate」、B盤は「The Longest Day」と名付けられ、それぞれ6曲ずつ収録されている。

Me Duele No Estar Junto A Ti
Give Me Love You



Sintesis(1976年結成)
 1976年に結成されたアフロキューバン・ロック・バンド。1980年代にはヌエバ・トローバ系のSilvio Rodríguezや Amauri Pérez、Donata Povedaと共演。1989年に最初のアルバム『Ancestros』を発表、1993年に『AncestrosII』、1997年に『Orishas』、2000年に『Yoruba Celebrtion』を発表。

Meta a Chango
Eru Aye
Oyadde (Oya)



Malo(1972年結成)
 1972年にサンフランシスコにおいて、Carlos Santanaの兄であるJorge Santanaを中心に結成された。メンバーはバンド「Malibu’s」のメンバーであったArcelio García、,Richard Bean、 Pablo Tellez、ローカル・バンドの「Naked Lunch」のメンバーであったAbe Zarate、 Roy Murray 、Richard Spremichから成っていた。同年、シングル「Suavecito」をヒットさせた。
 1973年に分裂が生じ、Jorge Santanaを除く多くが離脱した。現在結成時メンバーで残っているのはArcelino Garcíaのみ。

Suavecito
Midnight Thought
Moving Away



War(1969年結成)
 1969年にカリフォルニア州のLong Beachで結成された。当初はEric Burton & Warと称していた。ファンク系のロック・バンド。主要ヒット曲は「Low Rider」、「Why Can’t We Be Friends?」。

The World Is Ghetto
Why Can’t We Be Friends?



El Tri(1968年結成)
 1968年にメキシコ・シティでAlejandro Loraによって結成されたロック・バンド。Loraは16歳の時にCarlos”Charly”Hauptvogenらとロック&ロール・バンド『Three Soulsin My Mind(Tres Almas en Mi Mente)』を結成し、1968年にシングル「El Abuelo」、「Qué Noche」を制作。1970年にアルバム『Colección Avándaro Vol.1』を、1971年に『Colección Avándaro Vol.2』を制作。3枚目のアルバム『Oye Cantinero』で著名度を高めた。
 1984年にAlejandroとCarlos”Charly”Hauptvogelとの間に著作権をめぐる紛争が生じ、Hauptvogelは名称を継承し、1985年以降Alejandroは名称を「El Tri」に変更した。1990年にはロサンゼルスでシングル「Viejas de Vencidad」や「Millones de Niños」を含むアルバム『Una Leyenda Viva Llamada El Tri』を制作、「Millones de Niños」は世界中の貧困状態ある子供たちに捧げられた。1992年にはメキシコからの不法移民問題を扱ったアルバム『Indocumentados』を制作、1993年にはアルバム『25Años』を制作、収録されていたシングル「Pobre Soñador」、「Simplemente」がヒットした。
1998年にはアルバム『Fin de Siglo』を制作、2000年にはアルバム『No Podemos Volar』、2002年にアルバム『Solamente Díos』、2007年にはアルバム『Directo Desde el Otro Lado』を、2008年にアルバム『Nada Que Perder』を、2011年には『Libertad Incondiconal』を発表した。その中に収録された「Cuando Tú NO Estás」、「Las Piedras」、「Todo Me Sale Mal」がヒット。

Millones de Niños
Pobre Soñador
Cuando Tú No Estás
Todo Me Sale Mal



Maná(1975年結成)
 前身はFher Olveraらによって結成されていた「Sombrero Verde」であり、グアダラハラ出身者によって構成されていた。1975年に結成された当初は「Green Hat」と称していたが、「Sombrero Verde」に変更された。1981年にシングルの「Vampiro」、「Profesor」、「Long Time」、「Despiértate」を収録していたアルバム『Sombrero Verde』を発表。1983年にはシングル「Laura」、「Hechos Nada Más」、「Me Voy al Mar」を制作。1984年にAbraham Callerosが脱退し、Álex Gonzálezが加入。1986年にGustavo Orozcoが脱退したためクァルテットになり、1987年に「Maná」(ポリネシア語で「ポジティブなエネルギー」の意)を名乗る。
 1990年にアルバム『Falta Amor』を発表、1992年には『¿Dónde Jugarán los Niños』を制作、1995年には『Cuando Los Ángeles Lloran』を制作。1997年には『Sueños Liquidos』を、1999年に『Maná MTV Unplugged』、2002年に『Revolución Amor』を制作・2005年にはサバティカルな1年を置いたが、、2006年に『Amar EsCombatir』を、2008年に『Arde el Cielo』を、2011年に『Drama y Luz』を発表した。

Queremos Paz
Como Te Deseo
Me Vale
Estoy Agotado
Huele a Tristeza



Caifanes(1988年結成、1995年解散)
 1988年1月にSaúl Hernández、 Alfonso André、 Sabo Romo、 Diego Herreraがデビュー・アルバム『Caifanes』を発表。1980年代末にメキシコに流行していた「Rock en tu Idioma」の渦中でメキシコ・シティーで結成される。「Caijanes」はスパングリッシュ語の「MeCae Fine(Me Cae Bien)」の省略形から取られた。 1989年にAlejandro Marcovichiが加わってクィンテットになり、アルバム『Caifanes Volmen II(El Diablito)』と『El Silencio』を制作。1993年にSaboとDiegoが離脱したためトリオとなる。
1994年にSaúl 、Alfonso、 Alejandroに、Federico Fongと Yann Zaragozaが加わって、シングル「Afuera」、「Miedo」を収録したアルバム『El Nervio del Volcan』を発表。主にSaúlとAlejandroの意見の相違が原因となって、1995年に解散した。
ヒット曲は「Antes de que Olviden」、「Será por Eso」、「Afuera」、「La Célula que Explota」、「Nubes」、「No Dejes Que....」、「Viento」等。

Antes de que Olviden
Será por Eso
Afuera
La Célula que Explota
Nubes
No Dejes Que....
Viento



Café Tacvba(1989年結成)
 1989年6月にメキシコ州において結成されたオルタナティブ・ロック・バンド。Rubén Isaac Albarrán Ortega、 Emmanuel del Real Díaz、 José Alfredo Rangel Arroyo、Enrique Rangel Arroyoが結成。当初はAlicia Ya No Vive Aquíと称していた。その後、メキシコ・シティのカフェの名称からバンド名を決める。
 1992年にデビュー・アルバム『Café Tacuba』を発表。1994年にアルバム『Re』、,1996年にアルバム『Avalancha De Éxitos』、1999年に同『Revés/Yo Soy』、『Tiempo Transcurrido』、220年に同『Vale Callampa』、2003年に同『Cuatro Caminos』、2005年に『Un Viaje』、2005年に『MTV Unplugged』、2007年に『Sino』、2012年に『El Objeto Antes Llamado Disco』を制作・発表した。2010年にはドキュメンタリー・ビデオ『Seguir Siendo』を制作して活動の歴史を振り返っている。
1999年に制作された映画『Amorres Perros』に協力した他、『Piedras Verdes』、『Crónica de Un Desayuno』の制作にも協力した。またミュージシャンとの関係ではJosé José、 Los Tigres del Norte、Tin Tanと共演している。

El Aparato
24 Horas
La Negrita
Noche Oscura
Las Batallas
Chilanga Banda
Metamorfosis



La Santa Cecilia(2009年頃結成)
 カリフォルニア州のロサンゼルスを拠点にするバンド。ラテンアメリカ発のクンビア、ボサノバ、ボレーロ、マリアッチ、ランチェロスの他、ロックやブルースもヒュージョンさせた音楽を創造。メンバーは、Marisol"La Marisoul"Hernández、Jose”Pepe”Carlos、 Miguel “Oso”Ramírez、 Alex Bendana Hugo、 Varagas Marco Sandovalの6名。バンド名は音楽の守護神に因む。2009年にアルバム『Santa Cecilia』を発表、2010年に『Noche y Citas』、2012年に『Treinta Días 』、2014年に『Someday New』を発表。米墨間の国境にまたがる犯罪を扱ったサスペンス系のテレビ番組『The Bridge』の制作に協力した。

Ice El Hielo
La Negra
Jack