小倉ゼミ卒業生:卒業レポート一覧


<2013年3月卒業第1期生>
(ラテンアメリカ関係)
*青柳美貴『ストリート・チルドレン――子供たちの未来を考える』
*岩崎達也『南米に逃れたナチの歴史~秘密機関オデッサ~』
*新崎妃華『音楽から見るラテンアメリカ~レゲエ・レゲトン・クバトン~』
*鏡味幸児『キリスト教がメキシコに伝わった経緯』
*桂島ひかる『海賊の真実~英雄、そして犯罪者』
*小林健吾『なぜ大航海時代、「ジャガイモかトウガラシか」』
*澤井崇泰『ゲバラ考:思想の伝播か、その人間的魅力か』
*菅原香奈『メキシコの色彩』
*角田亜香里『エバ・ペロンについて』
*藤井隆太『野球アカデミー~ドミニカ共和国への影響~』
*三輪華子『食料から見るキューバ~いかにして経済復興したか~』
*森永瑶子『アルゼンチン・タンゴの黎明からアストル・ピアソラの音楽まで』
*李奈穂『キューバのセクシャルマイノリティ政策と精神』

(スペイン関係)
*飯野彩夏『スペインを代表するファストファッションブランドZARA』
*大川晶子『「カルメン」とスペイン』
*武者紗希奈『フラメンコとジプシー』
*持田明子『ジョアン・ミロとシュルレアリズム、その後』
*渡部亜紀『スペイン建築』
<2014年3月卒業第2期生>
(ラテンアメリカ関係)
*岩岡亜希『ラテンアメリカにおける貧困問題』
*木下晶絵『フェアトレードについて』
*櫛引宏弥『ペルーの観光業』
*二階堂未友紀『外国人児童が抱える教育問題
          ~~横浜市鶴見区の在日ラテンアメリカ人の子供の教育~~』
*松井史奈『インカでマチュピチュが建設された理由』
*水國茜『キューバのスポーツ』
*村上のぞみ『リオのカーニバルについて』
*山口祐希『ラテンアメリカの人種・文化混淆』

(スペイン関係)
*貝塚淳菜『スペインの外国語教育と課題』
*権田真奈美『スペイン移民政策』
*清野拳汰『スペイン経済危機について』
<2015年3月卒業第3期生>
(グローバル)
*鈴木倫子『食糧危機について』

(ラテンアメリカ関係)
*安里美那『ラテンアメリカ文学におけるヨーロッパ中心主義からの脱却』
*梅田貴文『メシカ=テノチティトラン史と繁栄、滅亡に関する考察』
*上中イベリーゼ『ブラジルの経済』
*川崎菜摘『海への出口問題』
*坂本武士『アルゼンチンにおけるポピュリズム』
*佐藤有沙『ラテンアメリカの貧困と開発』
*堤航太『日本企業のメキシコ進出』
*中間優介『ラテンアメリカに渡った日本文化 佐野硯』
*萩山祐子『サパティスタ民族解放軍と先住民自治』
*伏島泉『子供たちを救う音楽 EL SISTEMAについて』
*武藤萌子『チリの気候について』

(スペイン関係)
*梶谷絢子『映画「ボルベール<帰郷>」から読み取るアルモドバルの世界』
*川村海里『パブロ・カザルスの「鳥の歌」について』
*野嶋友博『スペインの失業率と労働法制の関わり』
<2016年3月卒業第4期生>
*伊藤大智『日本・メキシコ経済連携協定』
*歌川海『米国とキューバの国交正常化』
*神谷樹『魔術的リアリズムと「百年の孤独」』
*小林浩二『ブラジルの低所得者・貧困者の居住区について』
*新川杏奈『チチェン・イツァにおけるトルテカ文化の影響について』
*田沢航平『フランス移民とナショナリズム』
*長谷川美宇『ラテンアメリカ音楽について ラテンジャズを中心に』
*畑慎太郎『スペイン内戦におけるアナキズム』
*林慎太郎『ラテンアメリカの観光戦略』
*三上璃鳴子『日本における外国人労働者』
*森崎イサベル『ペルーにおける日系人』
*山中舞衣子『音楽による社会変革』